日本のアイドルがK-POPアイドルより実力がない本当の理由

プロデュース48 プロデュース48

韓国メディアのプロデュース48関連ニュース翻訳

プロデュース48 日本アイドルに実力がない本当の理由

SPORTS WORLD

Mnetのガールグループサバイバル番組プロデュース48第2回の視聴率が発表された。1.9%、第1回の1.1%より上昇、シーズン2第2回と同じだった。プロデュース48の視聴拡大性が話題性と同じくらい高いという傍証である。

プロデュースシリーズのシーズン3に当たるプロデュース48は韓国練習生を対象にしたプロデュース101形式にAKB48など日本の48グループメンバーを加え誕生した日韓共同サバイバルプロジェクト。

シーズン3まで続く番組がこれほど大きな反響を呼んだことは注目に値する。第1回の視聴率は高くはなかったが第2回の視聴率は大きく上昇した。第1回を再放送などで視聴して満足した視聴者が多かったのだろう。そしてその関心は第2回放送後も持続している。

いったいプロデュース48第1回、第2回のどんな要素が視聴者の関心を持続させているのか

プロデュース48第1回、第2回は明確な主題が込められていた。”文化の違い”、正確には日韓のアイドル産業及びその指向の違いである。

第1回でその違いが克明に表れ、第2回は”それにも関わらず”日韓参加者が運命共同体になる過程を描写した。そしてその”文化の違い”、”アイドルの違い”についての説明は、我々がよく知っている概念そのままだった。

日本のアイドルはパフォーマンス能力で評価されるのではなく、人々に”楽しささえ伝えられればいい”式で成立し、そのため実力より可愛さなど付加的要素が重要視される。

日本のアイドルは”必要がないから”まともなトレーニングを受けず、だから数年間アイドル活動を続けるベテランでもダンス・歌など実力で韓国人練習生に遠く及ばなかった。状況を極端に圧縮すればこのように説明できる。

しかし日韓の違いを正確に理解するためには”そうなった理由”の背景まで説明する必要がある。テレビ番組という短い時間では説明しきれない部分であり省略されたようだが、紙面ならこれを説明しやすい。

アイドルという概念の違い

“プロデュース48″第1回でAKB48のメンバー後藤萌咲は韓国アイドルについて「アイドルなのにアーティストのような感じ、その点に憧れる」と語った。

日本で”アーティスト”は文化芸術分野の”専門人材”を指す。自らプロデュースし自分の世界観を繰り広げる韓国式の概念とは異なる。

AKB48
AKB48

2010年の少女時代をはじめとするK-POPガールズグループの日本上陸当時、日本メディアはK-POPアイドルを「アーティストに近い」と表現した。

専門性から距離を置く日本のアイドル

だが韓国人の立場ではこれがよく理解できなかった。日本でアイドルは意図的に専門性から距離を置いた職種ということになるからである。しかし正しくその通りである。

日本にもダンスの上手い、歌の上手い歌手がいないわけではない。むしろ大衆文化界の専門人材の底辺は韓国より活性化している。理由は単純である。様々な専門分野がそれそれ小さな市場を成立させる条件が整っているからである。

ダンス専門グループの公演市場があり、シンガーソングライターの公演及びCD市場があり、マニアックな趣向でも収入が得られる市場環境が整備されている。

このような環境の中で日本のアイドルは全く異なる条件で成立するしかなかった。様々な専門領域の表皮だけを集めた形態、色々な事をやるが、これと言って出来ることがない多用途汎用製品路線である。

事実日本ではアイドルが多分野に渡り活動する。ラーメンを作りながら歌うアイドルまで存在する。専門性から離れ幅広く気軽に消費される存在ということである。

それ以上を求めるのであれば、それに適合する”小さい”市場が別に存在するのでそれを消費すればいい。このように日本のアイドルは非専門性を目標(?)にする路線といえる。

しかし韓国は違う。韓国は大衆文化のどの分野であれ中心になる”大きい”市場以外の”小さい”市場は成立しにくい。インディーズ音楽市場は微々どころか存在していること自体が不思議なほどである。専門ダンスチームの公演市場は存在するとは言えない。雑誌モデルなどのモデル市場も国内需要だけでは成立しない。

“小さいものは何であれ上手く行かない”

その代わりに中心になる”大きい”産業はその隣接市場の傾向と概念まで吸収する形態である。

全てにおいて高い能力が要求されるK-POPアイドル

K-POPアイドルはダンスも専門ダンサー並みに踊り、歌も歌手並みに歌う必要があり、さらに認められたければ作詞作曲編曲能力まで必要になる。それに加えモデル並のルックスも求められる。

まともに成立する市場が”大きい”アイドル市場しかないため、隣接分野の主要要素までその中に取り込み、厳しい条件を誕生させた。結局アイドルという商品一つだけで各分野を充足できるようにデザインされた。

プロデュース48
プロデュース48

韓国ではこのような偏向現象はアイドル産業だけに存在するのではない。映画産業でも同じ状況が繰り広げられる。例えば韓国には海外でアートハウス(芸術映画専門館)で上映されるような”芸術映画市場”というものが存在するとは言えない。その他のマニアックなサブカルチャー市場も存在しない。

映画産業でも”小さいもの”は成立しない。その代わり大きい大衆用産業映画が全ジャンルの特性と傾向まで全てを吸収する。

一見「問題がある」と評価される雰囲気だが、実はそうでもない。広い視野で見ればこのような韓国大衆文化市場の特性が”韓流のヒット”を生んだと言っても過言ではない。このような環境下で誕生した韓国映画や音楽は海外市場で奇妙なスタンスで存在する。

先鋭的な非大衆的映画を吸収してしまった韓国大衆映画は他国から見れば大衆映画にしては芸術的完成度が高く、作家主義的個性を持ち、ハードコア的なサブジャンル傾向も包括した特殊な商品になる。

例えば韓国で300万人以上を動員した”オールドボーイ”なども海外ではアートハウスで上映する芸術映画に分類される。韓国では「誰が何と言おうが商業映画」だった”オールドボーイ”がカンヌ国際映画祭で審査員大賞を受賞した経歴がこれを傍証する。

K-POPも同じである。どうみても大衆路線のアイドル商品だがクオリティが必要以上に高い。音楽自体のクオリティもそうだが、ダンスなどのパフォーマンスでも専門ダンサーに次ぐ実力を持っている。お遊戯のような日本やアメリカのボーイズグループ路線とは次元の異なる商品、アイドルという汎用路線を基盤にする独特な差別化商品になり、これまで市場に存在しなかった中間商品、一種の境界商品-特殊商品として活路を開いた。

このような背景の違いを理解する必要がある。細分化されたマニアックな市場を網羅する汎用商品市場は、もともとクオリティの次元で厳しい要求はないものだ。

そしてこのような市場構成は日本だけのものではない。ヨーロッパ市場も日本と大差はない。1990年代中盤、満4歳の歌手ジョルディ―のレコードがフランスで200万枚も売れた事を記憶している人も多いだろう。これにどんなクオリティがあったのか。単に日本のように気軽な楽しさを得ようとしただけであり、これが韓国以外の国の大衆文化環境であると言える。むしろ韓国が特殊な環境だろう。そしてその特殊性で海外市場の”隙間”を攻略したのが韓流である。

22日放送されたプロデュース48第2回で第1回にはなかった”文化の違い”が登場した。言葉の問題で疎外感を持った48グループのメンバーに配慮した韓国練習生がトレーニングを手伝い抱き合う場面だった。

これについてAKB48の岩立沙穂は「私たちは教え合う事はあまりしません。各自それぞれやる方式です。韓国練習生がみんなのために教えてくれたことがとてもうれしかった」と語った。どちらの思考が正しい、間違いだとは言えないが、いずれにしろ日本に比べ共同主義的思考が強い韓国の集団文化がいい方向に表れた場面だった。

もう韓国アイドルに比べ実力が不足している日本アイドルの描写は十分にやった。これ以上繰り返すことは番組上無意味で関心を引くことも出来ない。一方岩立沙穂が語った行動方式の違いこそ今後放送する価値がある”文化の違い”だろう。このような人類学的次元の文化の違いは多いだろう。それを見つけ出し活かすことこそが、今後視聴者の興味をつなげることになる。

日本と韓国の違いを知ることが相互理解の根幹

プロデュース48は開始から”違い”の問題を抱えている企画である。おそらく番組が終わるまで同じ主題が繰り返されるだろう。しかし番組が終わるころには、我々はその”違い”について以前よりも理解が深まるだろう。そしてあらゆる文化交流の根幹は、まず”違い”を確認することだ。これが「誰がサバイバルを勝ち抜いてデビューするのか?」よりも重要な番組の内的テーマかもしれない。

大衆文化評論家 イ・ムノン

(翻訳終わり)

元SDN48メンバーが語る日本のアイドルと韓国のアイドルの違い
韓国マスコミのIZ*ONEアイズワン プロデュース48関連ニュース翻訳プロデュース48 日本人練習生に実力がない? 日本の元アイドルグループメンバーに質問してみた2018年7月13日 OH MY NEWSI.O.I-WANNA O

コメント

タイトルとURLをコピーしました