「日本の右翼芸能人を出演させるな!」IZ*ONE音楽番組出演反対世論が拡散

旭日旗 反日 日韓問題
旭日旗

韓国メディアのIZ*ONE (アイズワン) 関連ニュース翻訳

日本右翼 出演禁止要求 IZ*ONE”ミュージックバンク”出演反対世論

MY DAILY 2018年10月29日

ケーブルチャンネルMnet”プロデュース48″で誕生したIZ*ONEのKBS2TV”ミュージックバンク”出演に反対する世論が拡散している。

26日放送の”ミュージックバンク”でIZ*ONEの映像が公開、来週のデビューステージを予告した。

しかし映像公開直後、ミュージックバンク視聴者掲示板には「日本の右翼芸能人IZ*ONEの出演に反対する」という書き込みが続いた。

出演反対を要求する書き込みは「IZ*ONEに所属するAKB48宮脇咲良は右翼疑惑かある」と主張している。

特にAKB48は右翼の代表的人物に挙げられる秋元康が総合プロデューサーを務め、プロデュース48放送時から”君が代斉唱”、”自衛隊広報映像撮影”、”戦犯美化コンセプト”論難の中心だった。

このため出演反対派は「公共放送KBSに日本の右翼歌手が出演してはいけない」と強く主張している。

これに対しIZ*ONEファンも視聴者掲示板に「デマを流したことを事務所に知らせた」「扇動するな」と書き込み舌戦が繰り広げられている。

(翻訳終わり)

KBSは日本語歌詞禁止

KBSは視聴者の受信料で運営する韓国のNHKみたいな放送局だが、KBS2はEテレのような教育番組を放送するテレビ局ではなく民放に近くCMが流れる。

それでも公共放送のため規制がうるさく、かつてBIGBANGは金髪を理由に放送不適格判定を受けたことがある。

また日本語歌詞も放送不適格対象で「歌詞に日本語”ピカ”が入っている」という理由でCRAYON POP”Uh-ee”、BLOCK BのメンバーPO”MEN’z NIGHT”が放送不適格判定を受けている。