PRODUCE48が韓国音楽界に及ぼす影響

2019年4月19日

韓国メディアのプロデュース48関連ニュースの翻訳

IOI→Wanna One→PRODUCE 48が韓国音楽界に及ぼす影響

OSEN

ガールグループIOI、ボーイグループWanna Oneに続き再びPRODUCEシリーズが音楽界を強打する。大々的な成功を収めたケーブルチャンネルMnetの新サバイバルブランドとしての地位を得て音楽界にも莫大な影響力を発揮している。2017年Wanna Oneで音楽界を席巻し「PRODUCE 101」というブランドの底力を証明してるため新たに始まる企画だが放送業界と音楽業界の注目を同時に集めている。

ケーブルチャンネルMnetは今年「PRODUCE 48」を新たに製作する。昨年「2017 MAMA」で「PRODUCE」シリーズの新ブランド「PRODUCE 48」の制作を発表した。前シリーズの大成果を見れば新シリーズの成功もある程度予想される。今シリーズは日本最高のプロデューサー秋元康のAKB48システムが結合した新プロジェクト。

シーズン2まで続きIOIとWanna Oneを輩出し、国民的な人気を博した「PRODUCE 101」に新たなコンテンツを加え新鮮な魅力を高めた。2つのシーズンとはある程度差別化を図り新たな面白味を追求、3回目のシーズンとして人気を続けるものと思われる。

「PRODUCE 101」は2つのシーズンを経て、音楽界を代表する流れを作ったと言ってもいいほど安定した地位を得た。アイドルグループをデビューさせる番組であり音楽界とは切り離せない関係にある。この番組を通じてデビューするグループは他の新人より早く人気を得るなどファン層形成に大きな影響力を及ぼす。

かつてMnet「SUPER STAR K」がオーディション番組ブームを巻き起こしたように、「PRODUCE」シリーズは新たなブームの主役になった。音楽界では「PRODUCE」出身歌手とそうでない歌手のデビュー格差構図が続いている。昨年「PRODUCE 101 シーズン2」の波及力が非常に大きくWanna Oneをはじめ多くの出演者が注目を集めた。Wanna Oneの最終メンバーには残れなくても「PRODUCE 101」で認知度を高めた彼らは「PRODUCE 101」出身ではない新人歌手よりもはるかに注目を集めているのは事実だ。

音楽界側にも「PRODUCE 101」の新シーズンに各事務所の練習生を参加させようとする動きが早くから続いている。まだ新シーズン「PRODUCE 48」についてコンセプト以外は公開されていないが、前2シーズンの効果をよく知っているため多くの芸能事務所が練習生に出演を準備させている。番組出演だけでも話題作りと広告効果があるというのが音楽界の意見。結局番組内でも外でも熾烈な競争が続く。

今年の音楽界にも「PRODUCE 48」が及ぼす影響力が大きいと予想される。IOIとWanna Oneに続く新しい2018年音楽界の「ルーキー」になるための熾烈な競争「PRODUCE 101 シーズン2」のNUESTのように再起を夢見るアイドルにも魅力的な契機になるだろう。

<https://www.jypfan.club/produce48/overview/

Twitter でフォロー