批判から関心へ 放送前から熱いプロデュース48

プロデュース48の出演者 プロデュース48

2018年6月3日付韓国メディアのプロデュース48関連ニュース翻訳。

論難から関心へ プロデュース48 余熱から熱い

Mnet”プロデュース48″が放送開始カウントダウン突入を前にしている。制作発表から放送直前まで批判の多かったプロデュース48だが今年の夏もお茶の間劇場を熱くする勢いだ。

プロデュース48は韓国の代表的なアイドル選抜番組”プロデュース101″システムと専用劇場で常時ライブ公演する日本日本のAKB48システムが結合したプロジェクト番組。日韓両国の練習生が初の日韓共同ガールグループデビューを目標にサバイバルを繰り広げる。

参加者プロフィール公開、先月10日のMnet”エムカウントダウン”での団体曲”내꺼야(PICK ME)”初ステージ披露など、絶え間なく話題を集めているプロデュース48は来る15日初放送を控え、先月24日初の公開競演を繰り広げた。この競演には4人の日本人練習生が参加せず途中降板したと伝えられた。

放送前の降板について様々な噂が出回っているがプロデュース48をめぐる出来事全てが話題を集める。旭日旗、右翼擁護等に対する批判も相変わらず多いが、それよりもプロデュース48自体に対する関心が高まっている。

IOI
プロデュース101 シーズン1 IOI
Wanna One
プロデュース101 シーズン2 Wanna One

プロデュース101シーズン1で誕生したIOI(アイオーアイ)とシーズン2で誕生し大人気グループとして活動中のWanna Oneがプロデュース48のティザー映像に登場したことも関心を高めるのに一役買った。

プロデュース48 ティザー映像

このティザー映像は「プロデュースシリーズ自体に関心があった視聴者を再び呼び戻す効果的なプロモーション」と評された。

特にティザー映像でMCイ・スンギの「国民プロデューサーの選択は常に正しかった。これから新しい投票が始まります。国民プロデューサーの皆さん、これからもよろしくお願いします」という投票の呼びかけは視聴の呼びかけでもある。

オンライン投票はオンラインショッピングサイトG Marketで行われる。G Marketはこれを記念してプロデュース48関連グッズを販売するなど攻撃的なマーケティングを繰り広げている。

https://www.jypfan.club/produce48/official-goods-launching/

コメント

タイトルとURLをコピーしました