“プロデュース48” 4月22日エムカウントダウン撮影 放送日は未定

2019年4月19日

4月22日"プロデュース48″の出演者が音楽番組Ment"エムカウントダウン"用の撮影をするというニュースの翻訳など。

“プロデュース48" 22日エムカウントダウン初撮影 96名初団体ステージ

毎日経済

“プロデュース48″練習生がエムカウントダウンに出撃する。

Ment関係者は20日スタートゥデイの取材に対し「"プロデュース48″練習生が来る22日"エムカウントダウン"収録に臨み、視聴者に初披露するシグナルソングを撮影することになった。」と明らかにした。

“プロデュース48″が出演するエムカウントダウンの放送日は未定。

19日"プロデュース48″練習生がシグナルソング撮影を終えたという情報があった。

今回のシグナルソングはシーズン2の課題曲「Naver」、Wanna Oneのデビュー曲「Energetic」を作った作曲チームFlow Blowの曲と伝えられた。

プロデュース48は韓国の代表的なアイドル選抜番組"プロデュース101″システムと専用劇場で常時ライブ公演する日本のAKB48システムを結合したプロジェクト番組。日韓両国の練習生96名が初の日韓ガールグループデビューを目標にサバイバルを繰り広げる。来る6月放送予定。

(翻訳終わり)

補足

これまでの流れと同じなら、参加者の「能力別グループ分け→エムネット出演」なので、グループ分けはすでに終わって今はエムカウントダウンで披露する曲を練習しているはず。

プロデュース101 シーズン1 「Pick Me」

プロデュース101 シーズン2 「나야 나 (Pick Me)」

曲の初めからステージにいるのがAグループ、続いてB~Eが登場、ステージの端にいるのがFという分かりやすい構図。

シーズン1は最終合格者11人中9人が1度はAグループに選ばれてたことがあり、残りの2人のうち1人はすでにデビューしている現役アイドル、もう一人がMnetにごり押しされた俳優志望の歌・ダンス未経験者。

シーズン2は各組からそこそこ均等に選ばれ、練習生になって数か月の素人同然の人も選ばれている。

この番組はガチで実力勝負して勝者を決める番組ではなくアイドルメンバーを視聴者が選ぶ番組、つまり如何に視聴者ウケするかが重要なバラエティ番組である。