プロデュース48終了 IZ\*ONEアイズワン メンバーファンへ感謝のメッセ―ジ

2018年9月4日

韓国メディアのプロデュース48、IZ\*ONEアイズワン 関連ニュース翻訳

センターチャン・ウォニョン、反転イ・チェウォンから宮脇咲良、矢吹奈子までIZ*ONE感激の感想

OSEN 2018年9月1日

“センター”チャン・ウォニョンと”逆転のアイコン”イ・チェヨンから日本人メンバー宮脇咲良、矢吹奈子までプロデュース48を通じて誕生した12人がガールグループIZ*ONE感激のデビューについての感想を明らかにした。

8月31日放送のMnetプロデュース48最終回、待望のファイナルステージでは新ガールグループIZ*ONEのデビューメンバー12人が最終決定した模様が描かれた。

この日デビューメンバーに決定した練習生はチャン・ウォニョン、宮脇咲良、チョ・ユリ、チェ・イェナ、アン・ユジン、矢吹奈子、クォン・ウンビ、カン・ヘウォン、本田仁美、キム・チェウォン、キム・ミンジュ、イ・チェヨンの12名。

プロデュース48は波乱の繰り返しの末、最終メンバーが決まった。チャン・ウォニョン、宮脇咲良は終始上位圏を維持、番組開始当初はデビュー当確と見られていたチョ・ユリ、キム・チェウォン、チェ・イェナらは序盤順位が急落、ファイナルステージで12位以内に入りデビューチケットをもぎ取った。

イ・チェヨンは”逆転のアイコン”だった。イ・チェヨンはこの日12位でデビューメンバーに決まり、2013年”K-POP STAR”、2015年”SIXTEEN”などのオーディション番組で僅差でデビューを逃した悲しみを吹き飛ばした。

一方序盤から注目を集めたイ・ガウンは最終的に12位以内に入れずファンを嘆かせた。

ドラマティックだったプロデュース48練習生のデビュー記は視聴者のあいだで大きな話題となった。日本人メンバーゴリ押し問題などの騒動があったものの、プロデュース48シリーズに相応しい最終回生放送は4.4%の瞬間最高視聴率を記録し有終の美を飾った。デビューメンバーについても視聴者は概ね肯定的な反応を見せている。

IZ*ONEメンバーはSNSチャンネルを通じて、応援してくれた国民プロデューサーに感謝の言葉を残した。

チャン・ウォニョン

「国民プロデューサーの皆さん、STAR SHIPチャン・ウォニョンです。プロデュース48という長い旅程を最後まで共にしてくれてありがとうございました!いつも国民プロデューサーの皆さんが応援してくれたので大きな力になりました!私に貴重なチャンスを与えてくれてありがとうございます。一生懸命頑張ります。これからもよろしくお願いします。」

イ・チェウォン

こんにちは、チェヨンです。4か月間プロデュース48イ・チェヨンを応援してくれた国民プロデューサーの皆さん、WMファンの皆さん、最後まで応援してくれてありがとうございました。貴重な場所からデビューすることになりまだ夢を見ているようです!一瞬たりとも無駄にせず努力してきた時間が無駄にならないようにステージで素敵な姿をお見せします。ずっと見守って応援してください!心から感謝しています。愛してます

アン・ユジン

こんにちは、STAR SHIPアン・ユジンです。私にデビューという大きなプレセントをくれてありがとうございます! まだ夢を見ている気分です。国民プロデューサーの応援してくれるので、初心を忘れず一生懸命頑張ります。多様な姿をお見せします! 国民プロデューサーの皆さん、これからもよろしくおねがいします。

宮脇咲良

矢吹奈子

ペ・ユンジョン

みんな最高だった。お疲れ様。

最高のスタッフ

(一部略)