IZ*ONE Mnet主催の2018MAMAで女性新人賞受賞

2019年1月1日

韓国マスコミのIZ*ONEアイズワン関連ニュース翻訳と2017 MELONミュージックアワードで疑惑の新人賞を受賞したBLACKPINKの話など。

2018MAMA IZ*ONE女性新人賞受賞 「ファンのおかげ」

2018年12月10日 10ASIA

IZ*ONEアイズワンが”2018 MAMA PREMIERE IN KOREA”で女性新人賞を受賞した。

IZ*ONEアイズワンは12月10日ソウル東大門区東大門デザインプラザ (DDP) で開催の”2018MAMA”で女性新人賞受賞の栄冠に輝いた。

2018MAMAに出演したアイズワン
2018MAMAに出演したIZ*ONE

IZ*ONEアイズワンは「大きな舞台に立つチャンスを与えてくれたこと、新人賞を頂けたことに感謝します。いつもたくさんの愛と声援を送ってくれるWIZ*ONE (IZ*ONEファンの総称)のみなさんありがとうございます。WIZ*ONEのおかげでこの場に立つことが出来ました。たった一度しかチャンスのない意味深い受賞です。今後も一生懸命頑張りますので最後まで応援してください。」と受賞の受賞の喜びを語った。

(翻訳終わり)

2018MAMA IZ*ONE動画

韓国

[2018 MAMA PREMIERE in KOREA] IZ*ONE_Energetic / Wanna One 181210
[2018 MAMA PREMIERE in KOREA] IZ*ONE_INTRO + La Vie en Rose 181210

日本

Red Carpet with IZ*ONE│2018 MAMA FANS’ CHOICE in JAPAN 181212
IZ*ONE_Dear My Friends + INTRO + Memory│2018 MAMA FANS’ CHOICE in JAPAN 181212
IZ*ONE_La Vie en Rose│2018 MAMA FANS’ CHOICE in JAPAN 181212
IZ*ONE_Rumor│2018 MAMA FANS’ CHOICE in JAPAN 181212
IZ*ONE_The Boys / Girl’s Generation│2018 MAMA FANS’ CHOICE in JAPAN 181212
Choi Yena, Honda Hitomi & SHOWNU, HYUNGWON & MOMO, MINA & JB, YUGYEOM_BOUNCE (Dubstep Ver.) / Choyon
  • IZ*ONE (OFF THE RECORD所属)
    • 本田仁美
    • チェ・イェナ
  • TWICE (JYPエンターテインメント所属)
    • モモ
    • サナ
  • GOT7 (JYPエンターテインメント所属)
    • JB
    • ユギョム
  • MONSTA X (CUBEエンターテインメント所属)
    • ショヌ
    • ヒョンウォン
MAMAMOO_SELFISH(Moon Byul&IZ*ONE Chaewon) + Above Live(Hwasa Solo)│2018 MAMA FANS’ CHOICE in JAPAN 1

キム・チェウォンと共演してるお姉さんはMAMAMOOという4人組グループのメンバー。韓国式分類ではIZ*ONEもMAMAMOOも”ガールグループ”という同じカテゴリーに属するので特に異色の共演というわけではない。

アイドル運動会に出演したMAMAMOO
MAMAMOO

だからMAMAMOもアイドルとしてアイドル運動会に出場したり

アイドルドラマ工作団 クレヨンポップ “Uh-ee”

アイドルグループをテーマにしたドラマにアイドルグループのメンバー役で出演する。

“アイドルドラマ工作団”はIZ*ONE”好きになっちゃうだろう?”に「歌詞が日本語」という理由で放送不適格判定を下した韓国の公営放送KBSが制作したインターネットドラマ。この動画に使われているクレヨンポップ “Uh-ee”も一部に日本語が使用されているという理由で放送不適格判定を食らった曲。KBSが局全体で日本語の歌を禁止しているのではなく、地上波で放送する事を禁止しているようである。

ところどころに入っている掛け声の主はプロデュース48で鬼トレーナー役を熱演したペ・ユンジョン先生。このドラマにも審査員役で出演している。

レッドカーペット画像

2018MAMA IZ*ONE
2018MAMA IZ*ONE
アイズワン カン・ヘウォン
IZ*ONE カン・ヘウォン
アイズワン キム・ミンジュ
IZ*ONE キム・ミンジュ
アイズワン 宮脇咲良
IZ*ONE 宮脇咲良
アイズワン クォン・ウンビ
IZ*ONE クォン・ウンビ
アイズワン アン・ユジン
IZ*ONE アン・ユジン
アイズワン イ・チェヨン
IZ*ONE イ・チェヨン
アイズワン 本田仁美
IZ*ONE 本田仁美
アイズワン キム・チェウォン
IZ*ONE キム・チェウォン
アイズワン 矢吹奈子
IZ*ONE 矢吹奈子
アイズワン チャン・ウォニョン
IZ*ONE チャン・ウォニョン
アイズワン チョ・ユリ
IZ*ONE チョ・ユリ
アイズワン チェ・イェナ
IZ*ONE チェ・イェナ

香港

IZ*ONE_Beautiful Color│2018 MAMA in HONG KONG 181214
IZ*ONE_La Vie en Rose│2018 MAMA in HONG KONG 181214

IZ*ONEの新人賞受賞は問題なし

韓国の音楽賞の多くに公平性というものは存在しない。主催者、スポンサー、事務所力などの絡みで成績が微妙でも賞を受賞した例はいくらでもある。

今回IZ*ONEが女性新人賞を受賞した2018MAMAの主催はMnetを運営するCJ ENM。Mentのサバイバルオーディション番組”プロデュース48″で結成したグループIZ*ONEに売上のほかにホームアドバンテージが作用する。

韓国の音楽賞がどういうものかを知っている人間であれば、IZ*ONEの初週の売上げを見た時点でMAMAの新人賞はIZ*ONEと確信するはず。なぜなら韓国の音楽賞とはそういうものだから。

CD売上が低いのに今年のアルバム賞を受賞したEXO

韓国の大手芸能事務所SMエンターテインメント所属のEXOのCD売上枚数は防弾少年団に負けていたが、2017MAMAで今年のアルバム賞を受賞した。

防弾少年団とEXOのCD売上差

  • 防弾少年団”LOVE YOURSELF 承 Her
    • 1,493,443枚
  • EXO”THE WAR”
    • 949,827枚

事務所で新人賞を受賞したBLACKPINK

BLACKPINKは韓国の3大芸能事務所の一つYGエンターテインメントから2016年デビューした女性4人組。日本のK-POPファンから圧倒的な支持を受けている。この年BLACKPINKはデジタル4曲のみでCDは発売しなかった。当然CD売上は0枚。それでも多数の新人賞を受賞した。

2016年デビュー組の GAON年間デジタルチャート

順位 アーティスト 曲名 ダウンロード ストリーミング
13位 Bolbbalgan4 우주를 줄게 1,237,970 72,134,561
32位 BLACKPINK 휘파람 991,628 56,422,161
47位 I.O.I 나만너무너무너무 808,231 41,634,714
55位 Bolbbalgan4 안되는 연애 822,713 41,796,065
71位 BLACKPINK 불장난 690,408 35,007,868

見ての通り、デジタル売上でBolbbalgan4がBLACKPINKを上回っている。

2016年新人賞候補のストリーミング数
2016年新人賞候補のストリーミング数 左からI.O.I 、Bolbbalgan4、BLACKPINK

2016年新人賞候補のダウンロード数。
2016年新人賞候補のダウンロード数。左からI.O.I、Bolbbalgan4、BLACKPINK

I.O.IとBolbbalgan4はCDの収録曲が多数あり、これらの曲の売上を合わせると差はさらに開く

2016年デビュー組のGaon年間CD売上チャート

順位 アーティスト タイトル 売上枚数
28位 I.O.I miss me? 93,593
32位 NCT 127 NCT #127 83,272
38位 I.O.I Chrysalis 74,554
41位 I.O.I Whatta Man 69,076
51位 ASTRO Autumn story 57,524
78位 SF9 Feeling Sensation 32,322
81位 ASTRO Summer Vibes 29,907
91位 ASTRO Spring Up 24,668
2016年12月CD売上ランキング
2016年12月CD売上ランキング

年間ランキングTOP100入りしていないもののBolbbalgan4は2枚のCDを発売、2016年12月のCD売上ランキングで2,860枚 (月間売上) / 11,149枚 (年間売上)を売上げたことが確認できる (36位はI.O.I)。繰り返すがBLACKBINKはデジタルで4曲を発売したのみでCDの発売はない。

BLACKPINKは”Gaon K-POPアワード”でBolbbalgan4を抑え新人賞を受賞、”ゴールデンディスク・デジタル部門”ではBolbbalgan4と共に新人賞を受賞した

MELONミュージックアワード投票途中経過
MELONミュージックアワード残り13時間の投票途中経過

“MELONミュージックアワード”では投票で3倍以上の差をつけられたI.O.Iを抑え新人賞を受賞した。

「売上は負けても受賞は出来る」韓国の音楽賞はこういうことが普通に起こるのでIZ*ONEが新人賞を受賞することに何の問題もない。

批判しているのは反日K-POPファン

TWICEもMnetのサバイバルオーディション番組”SIXTEEN”で結成したグループで、今回のIZ*ONEとおなじような流れでMAMA新人賞を受賞した時、日本のK-POPファンから批判を浴びた。しかしその一年後、BLACKPINKが誰もが納得出来るとはとても言えないような流れで新人賞を受賞した時、日本のK-POPファンはほとんど批判しなかった。

これは新人賞とは関係ないが、今BLACKPINKは韓国でYouTube再生回数不正水増し疑惑を持たれているが日本のK-POPファンは華麗にスルー。

https://www.jypfan.club/produce48/blackpink-sponsor/

招待券をバラまいてコンサートの動員を水増ししたことも日本のK-POPファンはほどんど批判しない。

IZ*ONEやTWICEの新人賞受賞を批判している連中は何も知らない素人か、知っていてウソをついているかのどちらか。いずれにしろ日本叩きが目的の反日K-POPファンの仕業。

2018 MAMA 受賞者一覧

2018 MAMA Premiere in Korea

  • DDP ベストトレンド
    • Wanna One
  • 男性新人賞
    • STRAY KIDS
  • 女性新人賞
    • IZ*ONE
  • ベスト オブ ネクスト
    • (G)-IDLE
  • 今年のベスト制作者
    • パン・シヒョク (防弾少年団)
  • 今年のベスト ビデオディレクター
    • LO Ging-zim
  • 今年のベスト アートディレクター
    • MU:E (防弾少年団)
  • 今年のベスト 振付師
    • ソン・ソンドク (防弾少年団)
  • 今年のベスト プロデューサー
    • Pdogg (防弾少年団)
  • 今年のベスト作曲家
    • DEANFLUENZA、highhopes
  • 今年のベスト エンジニア
    • Java Finger, LaleIlmaNino
  • ベスト ニュー アジアン アーティスト
    • The TOYS (タイ)
    • Orange (ベトナム)
    • Dean Ting (中国)
    • Marion Jola (インドネシア)
    • ひらがな けやきざか46 (日本)

2018 MAMA Fan’s Choice in Japan

  • World Wide Icon Of The Yaer
    • 防弾少年団
  • Favorite Dance Artist
    • 防弾少年団
    • TWICE
  • Favorite Vocal Artist
    • MAMAMOO
  • Favorite Music Video
    • 防弾少年団”IDOL”
  • Favorite Dance Artis Japan
    • 超特急
  • World Wide Icon Of The Yaer TOP10
    • 防弾少年団
    • SEVENTEEN
    • WANNA ONE
    • BLACKPINK
    • GOT7
    • MAMAMOO
    • NUEST W
    • NCT127
    • MONSTA X
    • TWICE

2018 MAMA in HONGKONG

  • 今年の歌
    • TWICE
  • 今年の歌手
    • 防弾少年団
  • 今年のアルバム
    • 防弾少年団
  • 男性グループ賞
    • WANNA ONE
  • 女性グループ賞
    • TWICE
  • 男性歌手賞
    • ロイ・キム
  • 女性歌手賞
    • ソンミ
  • ベストダンスパフォーマンス ソロ
    • チョンハ
  • ベストダンスパフォーマンス 男性グループ
    • SEVENTEEN
  • ベストダンスパフォーマンス 女性グループ
    • TWICE
  • ベストボーカルパフォーマンス ソロ
    • HEIZE
  • ベストボーカルパフォーマンス グループ
    • iKON
  • ベストOST
    • SEVENTEEN
  • ベストユニット
    • WANNA ONE トリプルポジション
  • M WAVE グローバルチョイス
    • 防弾少年団
  • Tik Tok ベストミュージックビデオ
    • 防弾少年団
  • ベストアジアンスタイル
    • 防弾少年団
  • インスピレーション
    • ジャネット・ジャクソン
  • 今年の発見
    • MOMOLAND
  • ベストバンドパフォーマンス
    • HYUKOH
  • ベストヒップホップ アーバン
    • ZICO
  • Tik Tokモストポピュラーアーティスト
    • GOT7
  • ニューアシアンアーティスト
    • IZ*ONE
      *ベストアシアンアーティスト
    • DA BUMP (日本)
    • Huong Tram (ベトナム)
    • Afgan (インドネシア)
    • PEXK (タイ)
    • JJ Lin (香港)

https://www.jypfan.club/produce48/mnet-interview-producer/

https://www.jypfan.club/produce48/kpop-fan-culture/

https://www.jypfan.club/produce48/bts-akimoto-yasushi/

https://www.jypfan.club/produce48/kpop-idol-trainee/

https://www.jypfan.club/produce48/kbs-sbs-suki-ni-nacchau-daro/

Twitter でフォロー