“プロデュース48” 既に”ニセ情報”との戦争

2019年4月19日

2018年4月20日付、韓国メディアXPORTSNEWS掲載のプロデュース48関連ニュースの翻訳。

“プロデュース48” 今からニセ情報との戦争

XPORTS NEWS

来る6月初放送を控えたMnet”プロデュース48″は今からウソ情報に頭を痛めている。

4月20日インターネットコミュニティー及びSNSなどで「プロデュース48新情報」などのタイトルの情報が投稿された。演出はアン・ジュニョンPD、メインMCはイ・スンギが担当するという内容で、これはMnetが公式発表したことである。

しかしこれ以外の内容はすべてウソだと明らかになった。

  • 「ホ・ヨンジ (元KARA)、アユミ(伊藤 ゆみ 元SUGAR)がストリートMCに起用された。」
  • 「ブライアン(ボーカルグループ FLY TO THE SKYのメンバー)がトレーナー」
  • 「B1A4ジニョンとユア(OH MY GIRL)がコメンテーター」

これらの噂はすべてウソだった。Mnet関係者はこれらの噂についてXPORTS NEWSに「全てが間違った内容」と説明した。

11日から撮影が始まった”プロデュース48″は放送を2か月後に控えた状況で事実と異なる情報に困惑している。AOAチャンミが”プロデュース48″に出演するという噂も広まった。これについてチャンミはインスタグラムで「AOAの活動だけでも準備することが多く、AOAとしてやりたいことがとても多いので今もこれからもAOAの活動に集中する」と自ら噂を否定した。事実AOAは5月に新曲発売が予定されている。

そのほかにもCLCチェ・ユジョン、子役俳優出身キム・スジョンなどが”プロデュース48″に出演しないことが確認された。彼女たちは皆ニセ情報の被害者だ。

このようなニセ情報は“プロデュース48″が多くの関心を集めているという証拠でもある。”プロデュース101 シーズン2″がWanna Oneを誕生させメガヒットしたため、その後に続く“プロデュース48″も爆発的な期待を集めている状況。特に既存のシステムから脱皮、韓国練習生と日本AKB48練習生が共にサバイバルを繰り広げるという点で男性ファンの注目を集めている。

来る6月ベールを脱ぐ”プロデュース48″には総96名の練習生が参加する。昨年11月”2017 Mnet Asian Music Awards in Japan”で日本と韓国に公開された”プロデュース48″は秋元康の卓越したプロデュース能力の産物AKB48とMentを代表するアイドル選抜番組”プロデュース101″システムを結合した超大型プロジェクト。

(翻訳終わり)

補足

このニセ情報、結構よくできている。

韓流ブームだったころに日本で大ヒットしたKARA。日本では少女時代とKARAの2強だったが、少女時代が韓国NO1女性グループとして日本に進出したのに対し、KARAはB級アイドルで日本で売れたことで韓国でも人気が出た。

日本中心に活動して韓国で芸能人としての足場を築かなかったため、現在メンバー全員ほぼ無職。それだけにこの「ストリートMC」という設定は非常に説得力がある。

そのほか名前が挙がっている人も、前シリーズの出演者と経歴が類似しているので信じた人も多かったと思う。

ちなみに日本のKPOPブロガーもニセ情報を平気で流す人が多いので鵜呑みにしない方がいいと思う。特に「噂をまとめてみました」「〇〇が話題に?」とか書いているブログはw

プロデュース48 予告動画

https://www.jypfan.club/produce48/overview/