IZ*ONE、MGMA女性グループ部門人気投票でTWICEを破るも受賞を逃す

今年から始まった音楽賞”M2 x GENIE MUSIC AWARDS”(2019 MGMA)。

IZ*ONEはなぜか新人賞候補から除外されてしまったが、MGMAの音楽賞全てから除外されたわけではなかったようで、女性グループ賞の候補になり、人気投票でTWICEを破り1位に輝いた。

結局、女性グループ賞は受賞を逃したが、女性ベストパフォーマンス賞(The Performing Artist Female)とTHE MOST POPULAR ARTIST賞の2つを受賞した。

MGMA画像

IZ*ONE HIGHLIGHT
IZ*ONE VIOLETA

2019MGMA女性グループ賞人気投票結果

2019MGMA女性グループ賞人気投票結果
順位候補投票数得票率
1位IZ*ONE861,52536%
2位TWICE820,76234%
3位Red Velvet271,93011%
4位Mamamoo204,1219%
5位BLACKPINK89,3174%
6位GFRIEND52,0262%
7位Apink28,7371%
8位(G)I-DLE28,2491%
9位DAVICHI20,5321%
10位赤頬思春期17,3401%

受賞者は投票30%、音楽配信30%、専門審査委員20%、ソーシャル点数20%で決定する。

韓国の音楽賞は成績以外の見えないけど何となく想像は付く力が働くの事が多いので、韓国の国民感情に配慮してRed VelvetやBLACKPINKが受賞する可能性も捨てきれなかったが、当初の予想通りGAMAに出席したTWICEが女性グループ賞を受賞した

2019MGMA女性新人賞人気投票結果

The Female New Artist

総投票数 1,475,418票

順位候補投票数得票率
1位ITZY685,43046%
2位チョン・ソミ536,20736%
3位LOONA132,3349%
4位EVERGLOW33,7472%
5位Cherry Bullet23,2942%
6位公園少女18,6371%
7位BVDIT11,5281%
8位DREAM NOTE11,4151%
9位NATURE11,4141%
10位Mia11,4121%

IZ*ONEが候補になれば受賞する可能性の高かった女性新人賞は、イ・チェヨンの妹チェリョンが所属するITZYが人気投票1位。

プロデュース48出演者が所属するグループEVERGLOWは4位、Cherry Bulletは5位。

IZ*ONEはTWICEを凌ぐ投票力を持っているんだから、音楽配信で頑張る必要がある。

VIOLETAとか日本の音楽ライターが褒めるような曲は韓国では売れない。

VioletaよりBuenos Airesの方が絶対に売れる。

韓国のIZ*ONEファンは、韓国のアイドルでは満たされないから日本のアイドルのファンになったわけだし、一般の人々も韓国には無いものをIZ*ONEに期待しているはず。

だからVOILETAみたいに普通にK-POPやっても意味がない。

韓国で歌手は生活できない

ディンディンとTWICE

2019 MGMAで現場レポーターを務めていた男、彼はお笑い芸人じゃない。

れっきとしたラッパーである。

歌手 ユン・ジョンシン

イノベーター賞を受賞したユン・ジョンシン。

プロデュース48に出演した後、韓国に活動の場を移した竹内美宥の韓国での事務所の社長が彼。

俺は彼の事を長い間お笑い芸人だと思ってたくらいバラエティ番組でしか見たことがなかった。

ところが彼は自分で音楽事務所を設立するほどの歌手兼プロデューサーだった。

韓国ではアイドル以外の歌手は、音楽だけでは食えないのでバラエティ能力のある人はバラエティ番組で食いつないでいるというのが実情である。

Published on 8月 1, 2019

About アイズワンブログ

Other articles you may like

Reader Interactions

Leave A Reply